senpai のすべての投稿

FXは長期投資には向かない

FXとは外国為替証拠金取引の略称である。

つまりある通貨とある通貨の交換比率の変動を予測し、

ある通貨を売ってある通貨を買うことによりその価値変動から利益を生み出そうという取引である。

例えば、日本人にメジャーな米ドルと円の取引であれば、円を売って米ドルを買ったとする。

すると仮に100円/ドルから101円/ドルになったとすれば、米ドルが1円分価値が上がったということであり、

その差額である1円×購入通貨分の利益を得ることができる。

説明すると簡単なように見えるが実際はそうではない。

なぜなら、FX市場は企業などが貿易などの決済を行ったりもするため、株式市場などよりも規模が大きい。

つまり、機関投資家であったとしても、大きな流れに逆らって通貨をコントロールするのは不可能に近いと言われている。

最近では、不正取引により逮捕されるケースもあるにはあるが、だれもコントロールできない分だけフェアな反面、

一気に情勢が変わるなどのリスクも包含している。

この一気に情勢が変わるというのがくせものである。

株式市場などを考えるとわかりやすい。

株式市場では、個別企業の業績は一目瞭然であり、比較することはそんなに難しくない。

しかしながら、それが国家規模になると比較するのは非常に難しい。

なぜなら、雇用状況から消費者心理などまで様々なファクターが内包され、その国の実力=その国の通貨の価値が反映されているのか判断できないからである。

いつ、どんな情報が飛び出してきて市場の心理の潮目が変わり、大きな影響を受けるかもしれない。

とくにレバレッジ、つまり借金をして取引をしているものにとっては数円分の変動でも大きなインパクトとなり、一発退場など珍しくもない。

これが、FXが博打の一種であると言われる所以である。

通貨は長期的にはインフレ率に従うと言われているが、短期的にはランダムであり、一般的にレバレッジを掛けてする取引であり、

長期的な投資には向かないというのは覚えておくとよいだろう。

FXリスクの場合分けで対策を考える。

FXは金融商品でもあるので当然リスクが存在します。そのリスクは要はお金が減る、もしくは
失くしてしまう事な訳ですが、どんな理由でリスクが存在するのかを考えてその対策もしていき
たい所です。

・トレードで失敗
取りあえずこれは誰でも考えうるものですし、一番心配な所でもありますね。レバレッジを必要以上
に取ってしまえば価値も大きくなりますが負けも大きくなります。許容範囲を超えてしまった場合は、
勝ちのプラス要因よりも負けのダメージの方が大きいので資金管理は大切です。

加えて、デモトレードやシミュレーション、画面を見て自分で仮想トレードをやってみる等の方法で
マイナスを出してしまう事の多い人は、ひとまず止めておいた方が良いでしょう。単純に確率の話で、
負ける確率が高いのにやるのでは勝てません。マイナスを取り戻すのは大変ですから、勝ちが圧倒的に
多くなってからでも遅くないですよね。

・種賎が尽きて借金に
そうある事ではありませんが、FXは借金になってしまう事があります。これは負けを取り戻すために
倍プッシュ、なんて外部から借り入れて来る話ではなく、損切りが間に合わないケースです。基本的
には強制ロスカットがあるのでその前に切られることが大半ですが、丁度その時に許容できない程の
値動きを見せると口座残高がマイナスになってしまう事もあります。

これ自体は対処するのは簡単で、もっと余裕を持って自分で指して置く事です。損切りは嫌がる人
しかいませんが、出来ないと資金が無くなるどころか借金になる可能性もあります。

・FX会社の倒産
個人ではどうにもならない事かも知れませんが、これもリスクの一つです。ある意味では
ファンダメンタルなので、通貨の状態と同時に把握しておきたい所です。そんな潰れたりなんかと
思う人も居るでしょうが、投資関連の会社はあっさりと潰れたりするので困りものです。

ちゃんとした会社なら信託保全がありますが、海外の良く知らないけど有利にやらせてくれる会社、
なんかは怪しくも思えます。FXも信頼性の高い会社の方がやはり価値があります。

他にも色々とありますがリスクの種類は山のようにありますから、重要な項目から対処していけば
問題もありません。それでも駄目なら諦めるしかありませんね。どうしても運の領域は存在して
しまいますから。

FXの会社による様々なメールのシステム

FXの会社は、メールを有効活用している一面があります。あのメールは本当に便利ですね。

例えば指値を用いた注文に関するメールです。サラリーマンの方々などは、その方法で注文をしている事がとても多いと思います。外出先ではリアルタイムな売買ができませんので、やはり会社に行く前に指値で注文をしている事が多いのではないでしょうか。実際、以前の私もよくそれを使っていました。

そして指値での注文を入れたとなると、それが約定しているかどうかはとても気になるのですね。外出先でも、約定の有無が気になって仕方がありません。

ところがFXの会社は、約定時にはメールを送信してくれるのです。いわゆる自動的なシステムでのメールだと思うのですが、それが届いた時にはちょっと安心できますね。

それと、この投資商品には損切りもあります。現在の自分の資産がある水準を下回った時には、強制的な損切りが発生する事になるのですね。それは口座を保有している側としては、とても気になる問題です。

そして金融会社は、強制的な損切りが発動された時にもメールを送ってくれます。ただ厳密に言えば、それは2段階になります。まず「そろそろ黄色信号」の段階で、1段階目のメールを送ってくれます。いわゆるマージンコールという表現が用いられる事が多いですね。そして2段階目のメールは、その強制的な損切りの確定した時です。

マージンコールは、なかなか助かると思います。強制的な損切りが発生すると資金が大きく減ってしまいますが、追加の入金をしておけばどうにか回避できる事も多いからです。もしくはマージンコールが発生した時に、その場で損切りをするのも悪くありませんね。

そうかと思えば、経済ニュースに関するメールもあります。何かニュースが発表されたタイミングでは外貨の価格は大きく動くものですが、それが発表される少し前にメールを送信してくれるのはとても助かりますね。

このようにFXの会社は、「メールによって利用者をサポートしてくれる」のが特徴的です。

FXトレードはクラウドソーシングの登場でどうなるか

FXは少ない、資金で、大量のお金を動かせることができる、金融商品なのですが、クラウドソーシングなどのサービスが登場したことによって、取引量に影響が出るかもしれません。

今から、5年前とかの水準なら、FXは在宅でできる副業もしくは本業として、主婦などの間で流行っていたのですが、ここ最近は、インターネットなんかでも、在宅でできる仕事と検索してみると、クラウドソーシングなどのサービスがほとんど検索ヒットするくらい、FX業界はかつてほどの勢いはなくなっています。

そもそもFXは、大金を稼げる反面、それに伴うリスクも大きい金融取引のため、素人がうかつに手を出すと大やけどを負う可能性のある金融商品です。

確かに、FX取引で、成功して大金を手にした人もいるのですが、正直、ギャンブル性の高い商品ですので、私のように慎重な性格の人には全く向いていません。

もちろん私も、在宅でできる仕事の一つとして、FXを研究していた時期もあるのですが、研究すればするほど、そのギャンブル性の高さに怖くなってしまって、これは私には、向いていない、手を出してはいけないと思いました。そして、クラウドソーシングの方を、在宅ワークとして選択し、今に至るわけです。

もともと学者肌の私には、FXのようなギャンブル的性格を持つ金融商品は向いていないのです。それでも、FX取引をしてみたと思う方は、リスクもあることを承知の上で取引してみましょう。

FXは為替レートが予想とは逆に動くと、大きく損をすることもあるので、やはり、ある程度の覚悟を持ってやらなければなりません。

FXは世界で成功している投資家の中でも、あまり実践しているという話は聞いたことがありません。

成功している投資家の主流は株式取引や商品取引ですので、投資家になりたい人は、FXよりもそちらのほうの経験を磨いていくことをお勧めします。

今後はクラウドソーシングなどの在宅で、仕事ができる環境が整って来れば、金融商品の取引にも、影響は出てくるでしょう。

真夜中に稼げている事が多い私のFXの取引履歴

私は先程、ちょっとFXの確認の為にログインしました。ここ最近の自分の取引状況を、ちょっと確認したかったからです。

この金融商品では、たまに振り返りを行う事は大事ですね。自分が行った取引の履歴を見てみると、そのヒントが得られる事が多いのですが。

先程私は履歴を見てみたのですが、ちょっと面白いことに気が付きました。真夜中です。

最近の私は、指値を用いて取引を行っています。あまりリアルタイムの注文で取引は行いませんね。

指値を用いての取引のメリットですが、やはり冷静な頭で判断できる事が多いのです。リアルタイムの注文の場合は、ちょっと頭がヒートアップしている事が多いですね。冷静さを欠いた取引になりがちですので、最近ではもっぱら指値で売買を行っている次第です。

では履歴ではどのような状況になっていたかというと、真夜中に利益が発生している事が非常に多かったのです。昼間の時間帯にもそこそこの利益が発生しているのですが、それよりもむしろ真夜中の方が稼げていますね。

考えてみると、真夜中の時間帯は意外と値動きが大きいと思います。なぜならば、その時間帯は急落が発生する事がしばしば有るからです。

真夜中の時間帯というのは、主に欧州勢の方々が活躍していますね。いわゆるロンドン時間に該当するからです。

急落が発生していると、とにかく値動きが激しいですね。いつもよりもボラタリティが高くなっている状況なのです。

ところがそのような状況となると、かえって利益が発生しやすくなる一面もあるのです。現に昨晩の私の履歴を見ても、かなり稼げている状況です。

ですので真夜中の時間帯というのは、侮れないものがあります。ですので寝る前に指値を入れておくと、思わぬ利益が発生する事もある訳ですね。

ただしボラタリティが高いという事は、その分リスクも大きくなりがちです。FXの一番の基本は、やはりリスク管理ですね。真夜中は稼ぎ時でもあると同時に、リスクが発生しやすい時間帯でもあります。稼ぎ時だけに、リスク管理もしっかり行うべき時間帯だと考える次第です。

FXの投資を始める前に押さえておくこと

人はより多くのお金を稼ぐためには自分で働いてお金を稼ぐだけではどうしても限界があります。より効率的にお金を稼ぎたいと思うのであれば自分で働いて収入を得ると同時にその収入の一部を投資に回してお金に働いてもらう必要があります。お金に働いてもらってさらにお金を増やすことができればより多くのお金を稼ぐことができます。

そしてお金に働いてもらうためには投資をする必要がありますが、投資と言ってもいろいろな種類のものがあります。
そしていろいろある投資の中でもより効率的にお金を稼ぐことができる投資にFXがあげられます。FXとはいろいろな国の通貨の中から2つのペアを選んでそれを売買することによって得られる為替差益を獲得することによって利益を出す投資のことを言います。
またレバレッジをかけることによって自分の用意したお金の額以上の額で取引をすることができるので短期間でたくさんのお金を稼ぐことが可能です。
そのため現在においてFXの投資を始めようと考えている人が多いです。

そこでFXの投資を始める前にあらかじめ押さえておきたいことがいくつかありますがまずFXの投資をするためのお金を用意することができるかどうかということです。取引をするためにはあらかじめ口座に証拠金を預ける必要があるのですが、余裕を持って取引をするためには10万円から20万円程度の資金が必要になってきます。
またFXの投資をして利益を出すためにはある程度の相場の分析をする必要が出てきます。そのためFXの取引をするための時間をある程度確保することができるかどうかも押さえておく必要があります。
それから取引は基本的にインターネット上で行うことになるのでパソコンなどのインターネットを接続できる機器を用意する必要があります。
また取引をするにおいて相場を分析するためにいろいろな情報を見る必要があります。そのためできることであればパソコンなどのインターネットを接続できる機器を複数台用意しておいたほうがいいと言えるでしょう。

FXのリスクとは?

FXは今や誰でも気軽に始められる金融商品として人気になっています、中には多くの利益を得ている人もいます、とはいってもやはり初心者ではそんなに利益を出し続けることは難しいのも現実です、ですからまずはFXを始める前にやっておかなければならないことはリスクについての勉強でしょう、基本的に投資や取引にはリスクがつきものです、リスクのない投資や取引などは存在しないといってもいいでしょう、FXにもそれなりのリスクは伴うんです。
FXには元本保証もなければ長期運用による約定利息もありません、その代わり少額で非常に大きい金額の取引ができるレバレッジという制度が使えます、証拠金の数倍~数十倍の取引ができるのがFXの魅力です、その分利益も大きくなりますが、損失も巨額になるというわけです。
とはいってもそういったリスク要因を知っておくだけで違います、的確な対処方法を知り、損失を最小限に食い止めることができれば安心してFX取引ができるというものです。
FXのリスクは大きく分けて為替相場の変動によるリスクと金利の変動によるリスク、そして流動性にリスク、システム障害などによるリスクなどがあります、為替相場は短期間のうちに激しく値動きしますので、予想に反して大きく変動する場合など日常茶飯事です、レバレッジを25倍などに設定しているケースでは1円の値動きでも数万~数十万の損失につながります、次に金利の変動によるものですが、これはこれはスワップポイントによる金利差による利益を得るものですが、FXの場合はこうした為替相場や各国の金利政策が予想と全く逆に動いた場合はレバレッジを高くしているほど損失が多いためリスクが高くなります。
流動性のリスクは買いたいのに買えない、売りたいのに売れないといった取引相手が居なくて円滑にトレードできないような状況になってしまうことです、これはメジャーな通過ならほとんど心配はありませんがマイナーな通過の場合は危険性が高まります。
さらにFXではインターネットを使って取引するのが普通のため、システム障害などによって取引できなくなるようなケースも考えられます。
以上のようなリスクがありえることをきちんと把握した状態でFXを始めればいざという時でも適切に対処できるようにしておきましょう。

追証による郵便物は届かないFX

最近、近所に住んでいる方がある金融商品で大きな損失が発生したそうです。聞いた話では、その方の郵便受けが色々と大変な事になっているようです。その方が口座を持っている金融会社から、郵便物が届いているようなのです。
恐らくその郵便物は、追証の通知だと思います。聞いた話ですが、その方は100万円の損失が発生したようです。恐らくその方は、元本は数十万円だったのでしょう。
具体的に元本が何円なのかは不明ですが、仮にそれを30万円だとします。30万円の資産があるのに100万円の損失が発生するとなると、差し引き70万円ですね。つまり口座の残高は、マイナス70万円という事になります。
このような時には何が必要かというと、70万円を入金しなければなりません。これが追証です。
ところで近所の方の郵便受けに対する郵送物は、果たしてどの金融会社から届いているのでしょうか。FXの会社から、そのような少し怖い物が届いているのでしょうか。
FXではありません。先物取引なのだそうです。先物取引の会社というのは、このように郵便物で督促をするケースがある訳ですね。ちなみに今なおその郵便物は届いているので、恐らく近所の方は追証を解消するのに色々と苦戦している状況だと思います。
ところでFXでは、そのような郵便物は届きません。なぜならFXの場合は、ロスカットが発動されるからです。
上記の例で申し上げると、そもそも30万円の資産がある程度目減りした段階でロスカットが発生します。もしもロスカットのパーセンテージが30%ならば、残金が9万円の段階で強制的に損切りされます。敢えて強制損切りを発動させることで、顧客に借金70万円が発生させない仕組みになっている訳です。
ただごくまれに追証が発生するケースはあるそうなのですが、件数は極めて少ないそうです。それを考えると、FXは先物取引よりは安全度が高い一面がありますね。
しかしFXにもリスクがある事には変わりはありません。財産が大きく目減りする可能性はありますので、そうなる前に早めに損切りをするのは大事だと思います。

チャートを覚えればFXの取引で利益を出せます

FXの取引をして利益を上げるためには為替の値動きの予測をうまくすることができるようになることが大切になってきます。なぜなら為替の値動きと同じ方向性で取引をすると為替差益を得られて、利益を出すことができるからです。

そして為替の値動きの予測は一件世界に関するいろいろな経済についての知識を得なければすることができないと考え、あまり知識のない人は為替の値動きの予測をすることができないのではないかと考える人もいますが、決してそのようなことはなく、あまり知識のない人でも十分に為替の値動きの予測をすることができます。

そこであまり知識のない人はどのようにして為替の値動きの予測をすることができるようになるのかというとそれはチャートを利用するという方法です。
チャートとはこれまでの為替の値がどのように動いてきたのかというのをグラフ化したもので、このグラフを元に今後の為替の値動きをある程度予測することができます。なぜなら為替の値というのは基本的に過去の値動きと似たような動きをすることが多く、また実際にFXの取引をする人は結構たくさんの人がチャートを利用しているからです。

そしてFXの取引に利用するチャートはいろいろな種類のものがありますが、取引をして利益を出すために覚えるチャートは多くの人が利用しているごく単純なもので十分です。
逆に難しいチャートは理解するのにどうしても時間がかかり、また実際に利用している人も少ないため為替の値動きの予測の精度も高いとは言えません。
逆に多くの人が利用しているごく単純なチャートはすぐに覚えることができ、また利用者が多いためかなり高い精度の為替の値動きの予測をすることができ、取引をして利益を出しやすいと言えます。

そこでFXの取引をするにおいて利用するのにおすすめのチャートとして一定の期間の間の平均値を線で結んだチャートである移動平均線があげられます。この移動平均線をしっかり利用することができるだけで十分に利益を出すことができます。

おさえておきたいFX用語

FX(margin Foreign eXchange trading = 海外為替証拠金取引の略)は大まかに説明すると、国内・海外の通貨を売買して利益を得る取引の事です。
現在は少額からの取引も可能となり、スマホやタブレットなどのツールが発達しているので、初心者でも気軽に取引が出来ることで人気を集めています。
ただし、FXを始める前には事前にある程度、専門用語などの知識は備えておきたいところです。
主な用語として「スプレッド・レバレッジ・通貨ペア・スワップ金利」があります。
まずFXでは売りレート(売値)をビッド、買いレート(買値)をアスクと言いますが、そのビッドとアスクの差額をスプレッドと呼んでいます。スプレッドは基本的に取引の際の手数料となる場合が多いので、この差額(スプレッド)ができるだけ狭く設定してある会社の方が毎回取引する上では有利になります。
次にレバレッジですが、これは少額の資金で大きな取引を行う仕組みの事を言います。例えばこのレバレッジを活用すると、FX会社に自分が預けた資金を担保にして、その金額の数十倍もの取引が可能となるわけです。ただし、その分リスクが高くなるので資金を把握して慎重に活用する必要があります。
通貨ペアとはその名の通り、取引をする際の通貨の組み合わせの事を言います。例えば米ドルと日本円で取引する際は通貨ペア「米ドル/円(USD/JPY)」となりますし、ユーロと米ドルの場合には通貨ペア「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」となります。通貨ペアの組み合わせは会社によって違う場合がありますが、設定されている組み合わせの中で、自分が希望する通貨ペアを選んで取引できるのもFXの特徴です。
そしてスワップ金利(スワップポイント)ですが、これは金利が異なる通貨間の金利差調整分の事です。この金利差によって利益を得られるわけですが、金利の差額によって利益を得る場合には、金利の安い通貨を売って逆に金利の高い通貨を買う必要があります。この逆をやってしまうと損失が出てしまいますし、取引に慣れないうちはある程度のリスクも想定しながら、以上のような仕組みを良く勉強した上で始める事が大事です。