カテゴリー別アーカイブ: FX口座開設

FXの口座開設の流れについて

FXとは外国為替証拠金取引というもので、証拠金を担保としてレバレッジを利かせて円で外国通貨を買ったり、その反対に外国通貨で円を買い戻したりする取引です。取引によって生じた為替差益を投資の利益とするもので、ハイアンドローという簡単な原理での取引である事、レバレッジを利かせる事で少額投資でも取引が出来る事、また外国通貨を買って保有を続ける事により、スワップポイントという金利を毎日受け取る事が出来るので日本で預金をするよりも遥かに大きな利息が貰える事など、魅力が沢山ある取引であると言えます。

そんなFX取引を行うには、まずFX会社で口座の開設をする必要があります。その方法はとても簡単で、まずインターネットからそれぞれのFX会社の口座開設申し込みフォームに必要な事柄を入力します。そして出来る事ならば本人確認書類として、運転免許証などの身分証明書のコピーをメール等で貼付をして送付すると、手続きが早く進みます。

申込み後にFX会社では一定の審査が行われます。場合によっては取引を断られる事もあるようですが、大抵の場合は難なく審査通過となっているようです。審査が無事に済むと程無くしてFX会社から口座開設の案内が洋装されて来ます。郵便物の中身とはインターネットの取引画面にログインをする為の、IDやパスワードが記された用紙の他にも、手続きの方法を詳しく記した紙や、取引ツールの使用の方法など取引を直ぐにでも始められるように、冊子となっている親切丁寧に解説された説明書が同封されています。この郵便物は多くは簡易書留等で郵送される事が多いので、普段留守にされているご家庭では不在票等のチェックが必要となります。

インターネットでログインが出来るようになったら、取引に必要な証拠金をFX専用の口座に振り込む必要があります。各FX会社では必要最低限の入金額が決められているので、それに従い入金をする必要があります。現在国内で採用されているレバレッジは25倍なので、米ドルで1万通貨の取引をする為には4万円から5万円程の資金が必要となります。入金はクイック入金等を利用するとリアルタイムで口座に資金を入金する事が出来るので、その時点から取引が可能となります。

このような流れで実際に取引が出来るようになります。シミュレーションサービスのあるFX会社を選択された場合は、まずここで練習をしてから実際の取引に望まれる事が好ましいと言えます。