カテゴリー別アーカイブ: FXの取引情報

FXの会社による様々なメールのシステム

FXの会社は、メールを有効活用している一面があります。あのメールは本当に便利ですね。

例えば指値を用いた注文に関するメールです。サラリーマンの方々などは、その方法で注文をしている事がとても多いと思います。外出先ではリアルタイムな売買ができませんので、やはり会社に行く前に指値で注文をしている事が多いのではないでしょうか。実際、以前の私もよくそれを使っていました。

そして指値での注文を入れたとなると、それが約定しているかどうかはとても気になるのですね。外出先でも、約定の有無が気になって仕方がありません。

ところがFXの会社は、約定時にはメールを送信してくれるのです。いわゆる自動的なシステムでのメールだと思うのですが、それが届いた時にはちょっと安心できますね。

それと、この投資商品には損切りもあります。現在の自分の資産がある水準を下回った時には、強制的な損切りが発生する事になるのですね。それは口座を保有している側としては、とても気になる問題です。

そして金融会社は、強制的な損切りが発動された時にもメールを送ってくれます。ただ厳密に言えば、それは2段階になります。まず「そろそろ黄色信号」の段階で、1段階目のメールを送ってくれます。いわゆるマージンコールという表現が用いられる事が多いですね。そして2段階目のメールは、その強制的な損切りの確定した時です。

マージンコールは、なかなか助かると思います。強制的な損切りが発生すると資金が大きく減ってしまいますが、追加の入金をしておけばどうにか回避できる事も多いからです。もしくはマージンコールが発生した時に、その場で損切りをするのも悪くありませんね。

そうかと思えば、経済ニュースに関するメールもあります。何かニュースが発表されたタイミングでは外貨の価格は大きく動くものですが、それが発表される少し前にメールを送信してくれるのはとても助かりますね。

このようにFXの会社は、「メールによって利用者をサポートしてくれる」のが特徴的です。

真夜中に稼げている事が多い私のFXの取引履歴

私は先程、ちょっとFXの確認の為にログインしました。ここ最近の自分の取引状況を、ちょっと確認したかったからです。

この金融商品では、たまに振り返りを行う事は大事ですね。自分が行った取引の履歴を見てみると、そのヒントが得られる事が多いのですが。

先程私は履歴を見てみたのですが、ちょっと面白いことに気が付きました。真夜中です。

最近の私は、指値を用いて取引を行っています。あまりリアルタイムの注文で取引は行いませんね。

指値を用いての取引のメリットですが、やはり冷静な頭で判断できる事が多いのです。リアルタイムの注文の場合は、ちょっと頭がヒートアップしている事が多いですね。冷静さを欠いた取引になりがちですので、最近ではもっぱら指値で売買を行っている次第です。

では履歴ではどのような状況になっていたかというと、真夜中に利益が発生している事が非常に多かったのです。昼間の時間帯にもそこそこの利益が発生しているのですが、それよりもむしろ真夜中の方が稼げていますね。

考えてみると、真夜中の時間帯は意外と値動きが大きいと思います。なぜならば、その時間帯は急落が発生する事がしばしば有るからです。

真夜中の時間帯というのは、主に欧州勢の方々が活躍していますね。いわゆるロンドン時間に該当するからです。

急落が発生していると、とにかく値動きが激しいですね。いつもよりもボラタリティが高くなっている状況なのです。

ところがそのような状況となると、かえって利益が発生しやすくなる一面もあるのです。現に昨晩の私の履歴を見ても、かなり稼げている状況です。

ですので真夜中の時間帯というのは、侮れないものがあります。ですので寝る前に指値を入れておくと、思わぬ利益が発生する事もある訳ですね。

ただしボラタリティが高いという事は、その分リスクも大きくなりがちです。FXの一番の基本は、やはりリスク管理ですね。真夜中は稼ぎ時でもあると同時に、リスクが発生しやすい時間帯でもあります。稼ぎ時だけに、リスク管理もしっかり行うべき時間帯だと考える次第です。

FXの投資を始める前に押さえておくこと

人はより多くのお金を稼ぐためには自分で働いてお金を稼ぐだけではどうしても限界があります。より効率的にお金を稼ぎたいと思うのであれば自分で働いて収入を得ると同時にその収入の一部を投資に回してお金に働いてもらう必要があります。お金に働いてもらってさらにお金を増やすことができればより多くのお金を稼ぐことができます。

そしてお金に働いてもらうためには投資をする必要がありますが、投資と言ってもいろいろな種類のものがあります。
そしていろいろある投資の中でもより効率的にお金を稼ぐことができる投資にFXがあげられます。FXとはいろいろな国の通貨の中から2つのペアを選んでそれを売買することによって得られる為替差益を獲得することによって利益を出す投資のことを言います。
またレバレッジをかけることによって自分の用意したお金の額以上の額で取引をすることができるので短期間でたくさんのお金を稼ぐことが可能です。
そのため現在においてFXの投資を始めようと考えている人が多いです。

そこでFXの投資を始める前にあらかじめ押さえておきたいことがいくつかありますがまずFXの投資をするためのお金を用意することができるかどうかということです。取引をするためにはあらかじめ口座に証拠金を預ける必要があるのですが、余裕を持って取引をするためには10万円から20万円程度の資金が必要になってきます。
またFXの投資をして利益を出すためにはある程度の相場の分析をする必要が出てきます。そのためFXの取引をするための時間をある程度確保することができるかどうかも押さえておく必要があります。
それから取引は基本的にインターネット上で行うことになるのでパソコンなどのインターネットを接続できる機器を用意する必要があります。
また取引をするにおいて相場を分析するためにいろいろな情報を見る必要があります。そのためできることであればパソコンなどのインターネットを接続できる機器を複数台用意しておいたほうがいいと言えるでしょう。

追証による郵便物は届かないFX

最近、近所に住んでいる方がある金融商品で大きな損失が発生したそうです。聞いた話では、その方の郵便受けが色々と大変な事になっているようです。その方が口座を持っている金融会社から、郵便物が届いているようなのです。
恐らくその郵便物は、追証の通知だと思います。聞いた話ですが、その方は100万円の損失が発生したようです。恐らくその方は、元本は数十万円だったのでしょう。
具体的に元本が何円なのかは不明ですが、仮にそれを30万円だとします。30万円の資産があるのに100万円の損失が発生するとなると、差し引き70万円ですね。つまり口座の残高は、マイナス70万円という事になります。
このような時には何が必要かというと、70万円を入金しなければなりません。これが追証です。
ところで近所の方の郵便受けに対する郵送物は、果たしてどの金融会社から届いているのでしょうか。FXの会社から、そのような少し怖い物が届いているのでしょうか。
FXではありません。先物取引なのだそうです。先物取引の会社というのは、このように郵便物で督促をするケースがある訳ですね。ちなみに今なおその郵便物は届いているので、恐らく近所の方は追証を解消するのに色々と苦戦している状況だと思います。
ところでFXでは、そのような郵便物は届きません。なぜならFXの場合は、ロスカットが発動されるからです。
上記の例で申し上げると、そもそも30万円の資産がある程度目減りした段階でロスカットが発生します。もしもロスカットのパーセンテージが30%ならば、残金が9万円の段階で強制的に損切りされます。敢えて強制損切りを発動させることで、顧客に借金70万円が発生させない仕組みになっている訳です。
ただごくまれに追証が発生するケースはあるそうなのですが、件数は極めて少ないそうです。それを考えると、FXは先物取引よりは安全度が高い一面がありますね。
しかしFXにもリスクがある事には変わりはありません。財産が大きく目減りする可能性はありますので、そうなる前に早めに損切りをするのは大事だと思います。

おさえておきたいFX用語

FX(margin Foreign eXchange trading = 海外為替証拠金取引の略)は大まかに説明すると、国内・海外の通貨を売買して利益を得る取引の事です。
現在は少額からの取引も可能となり、スマホやタブレットなどのツールが発達しているので、初心者でも気軽に取引が出来ることで人気を集めています。
ただし、FXを始める前には事前にある程度、専門用語などの知識は備えておきたいところです。
主な用語として「スプレッド・レバレッジ・通貨ペア・スワップ金利」があります。
まずFXでは売りレート(売値)をビッド、買いレート(買値)をアスクと言いますが、そのビッドとアスクの差額をスプレッドと呼んでいます。スプレッドは基本的に取引の際の手数料となる場合が多いので、この差額(スプレッド)ができるだけ狭く設定してある会社の方が毎回取引する上では有利になります。
次にレバレッジですが、これは少額の資金で大きな取引を行う仕組みの事を言います。例えばこのレバレッジを活用すると、FX会社に自分が預けた資金を担保にして、その金額の数十倍もの取引が可能となるわけです。ただし、その分リスクが高くなるので資金を把握して慎重に活用する必要があります。
通貨ペアとはその名の通り、取引をする際の通貨の組み合わせの事を言います。例えば米ドルと日本円で取引する際は通貨ペア「米ドル/円(USD/JPY)」となりますし、ユーロと米ドルの場合には通貨ペア「ユーロ/米ドル(EUR/USD)」となります。通貨ペアの組み合わせは会社によって違う場合がありますが、設定されている組み合わせの中で、自分が希望する通貨ペアを選んで取引できるのもFXの特徴です。
そしてスワップ金利(スワップポイント)ですが、これは金利が異なる通貨間の金利差調整分の事です。この金利差によって利益を得られるわけですが、金利の差額によって利益を得る場合には、金利の安い通貨を売って逆に金利の高い通貨を買う必要があります。この逆をやってしまうと損失が出てしまいますし、取引に慣れないうちはある程度のリスクも想定しながら、以上のような仕組みを良く勉強した上で始める事が大事です。

指値のタイミングには要注意

指値は、FXでは大事な注文方法の1つだと思います。指定した為替レートに到達した時点で注文をしてくれるので、お忙しい方にはとても便利ですね。昼間にお仕事で忙しいサラリーマンにとっては、FXの指値は必要不可欠な存在だと思います。実際私も、今なお指値で積極的にトレードを行っているのですが。

ところで指値を利用する時には、タイミングが大事だと思います。成り行きの注文でもタイミングは大事ですが、指値の場合はさらに大事だと思うのです。その理由は、相場の急変動に伴う意図しないレートでの約定です。

例えばある時に買い注文をしたいと思ったとします。希望レートは、70.5円ちょうどだとしましょう。そして指値のレート入力欄に、70.5と入力したとします。

何時間か経過して、約定通知のメールがFXの業者から届きました。そのレートを見たら、70.8円などで約定されている場合があるのです。

この場合は、買いの注文を行いたい訳です。希望レートよりも0.3円も高い価格で約定されているとなると、困りものですね。

しかしこのような事例は、本当に起こり得ます。誇張でも何でもなく、0.3円ほど高く買わされてしまう事はあり得るのです。

なぜかと言うと、値動きが激しすぎるからです。あまりにも値動きが激しすぎると、上記のように希望レートと大幅にずれてしまう場合があります。

FXの業者のホームページを見ると、相場の急変動に関する注意書きが記載されている事がよく有ります。値動きが激しい時には色々と気をつけて下さいという意味の注意書きなのですが、それは上記のような例を含めてのものです。

上記のように0.3円ものズレが発生する可能性が高いのは、アメリカの雇用統計が発表されるタイミングです。現に私は雇用統計のタイミングで指値を仕掛けていて、上記のように大幅なズレを経験した事があります。

ですので指値を仕掛ける時には、雇用統計のタイミングは外すべきです。雇用統計の前に指値を仕掛けるのではなく、雇用統計の発表「後に」仕掛ける方が良いと思います。タイミングには気をつけたいものですね。

通貨ペアに気を付けよう

FXトレードとは、投資家が外貨を直接売ったり買ったりする取引のことです。ですからどの国の通貨でどの国の通貨を買うとか売るとかいう取引を行います。そのため、異国間通貨のペアを決める必要があります。これを通貨ペアといいます。ここで基本として覚えておいていただきたいのは、金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買うと利益が発生します。

では金利の高い国、低い国というのはたとえばどんな国なのでしょうか?金利の低い国はたとえば日本やアメリカです。それに対して高い国というのはオーストラリアドルもそうですが、それ以上に注目されているのは、南アフリカランドという通貨です。これは非常に高金利で魅力的亞通貨です。しかし高金利であることには理由があるということを忘れないでいただきたいと思います。南アフリカランドのような新興国の通貨は、通称エマージング通貨と呼ばれます。これら新興国というのは、国内の経済情勢や政治などが不安定で治安も決してよくない国が多いのです。そのため通貨もこうした事情に左右されることが多くとても不安定なのです。ですからレートが高いときもあれば急激に下落することもあります。

それだけに短期的に大きな利益を上げるにはいい面もありますが、FXトレードの初心者にはあまりおすすめはできません。1つ間違えば大きな損失を出してしまう恐れも十分にあるのです。

こうしたリスクを承知の上で通貨ペアとして組み込むのであれば、十分な知識と情報を得て、慎重にトレードを行うようにして下さい。危険であるとはいえ、大きなリターンを期待できることには変わりありませんから、上手に取引すれば、かなりの利益を上げることも可能ではあるでしょう。

高金利でおすすめするなら、せいぜいオーストラリアドルかニュージーランドドルでしょう。これらの国であれば、治安も比較的安定しているので安心して購入できるでしょう。

このようにFXトレードを行う場合は、通貨ペアに注意をしなければなりません。

CFD株とFXのレバレッジの比較

金融商品の中には、レバレッジが採用されているものがいくつかあります。FXにも、もちろんレバレッジがありますね。現行の日本のルールでは、そのレバレッジは最大25倍となっている状況なのですが。
ところで金融商品の中には、FX以外にもレバレッジを採用しているものがあります。その1つは、CFD株です。ネット完結型で取引ができる、海外の株式投資といったところでしょうか。非常に多彩な銘柄を取り扱えるのが特徴です。
CFD株の場合は、FXの最大レバレッジとは少し異なっているのが現状です。なぜならFXに比べると、レバレッジが各会社によってバラバラだからです。
例えばある会社の場合は最大レバレッジを50倍と設定しています。ところが別のCFDの商品の場合、最大レバレッジは10倍といった具合です。各会社によって、レバレッジの高低はかなり差があるのですね。
FXの場合は、そうでもありません。大抵の会社は、最大レバレッジを25倍と設定している状況だからです。したがってCFD株の方が、FXに比べるとレバレッジにばらつきがあると言えます。
ちなみに現行のCFD株という商品の場合は、そのレバレッジの平均値は20倍程度です。FXの場合は平均25倍ですので、CFDの方が若干リスクは低めかなと思います。
ただしFXの中でも、「海外」のFXの場合はまた話は別です。上記で申した25倍というルールは、あくまでも日本国内のFXの業者のみに適用できるものだからです。海外の業者に対しては25倍というルールを適用できない訳です。
中にはレバレッジ900倍を超える国もありますね。しかし現状のCFD株の場合は、さすがにレバレッジが900倍になっているような所はありません。どれだけ高くても、レバレッジは100倍となっているのが現状です。
そのためCFD株とFXという2つの商品を比較した場合、海外FX、国内FX、CFD株という順番でレバレッジが高くなっていると言えます。CFD株に比べれば、FXの方が若干ハイリスクハイリターンな商品なのかなと思います。

なぜハイレバレッジはハイリスクか

FXには、レバレッジというシステムがあります。そしてレバレッジは、リスクと大きな関係があるものです。
FXの情報サイトなどを見ますと、「高レバレッジはリスクが高まる」などと強調されている場合があります。情報サイトだけでなくFXの業者のホームページなどでも、高いレバレッジはハイリスクハイリターンと強調されているケースもあるのですが。
ではなぜ高いレバレッジは高いリスクにつながるかと言うと、それは元金に対する損失率が一因です。
例えば米ドルの為替レートが、1ドル50円だとしましょう。そのタイミングにて、1万ドルの買い注文をするとします。
その場合、本来必要な元手は50万円になるはずです。ところで50万円になるのは、あくまでもレバレッジ1倍の時です。レバレッジが高まりますと、少ない元手で多くの金額の動かす事ができるのです。
例えばレバレッジが2倍ですと、両替の為に必要な元手は50%です。本来必要な金額の2分の1で両替ができるからです。また4倍の場合は、25%です。そのためレバレッジ2倍で1万ドル分の取引をする為には、25万円が必要になりますね。またレバレッジ4倍の場合には、12万5000円が必要になってきます。
このようにレバレッジが高くなると、必要な元手が少な目になる訳です。そしてそれは、損失金額にも関係してきます。
上記の例では為替レートが50円のタイミングで買い注文をしているのですから、もしもレートが49円になれば1万円の損失が発生します。
ところでレバレッジ1倍の時は、取引に必要な金額は50万円です。そして損失金額は1万円なのですから、損失率は2%という事になります。それに対してレバレッジ2倍の場合は、損失率は4%になってきますね。
このようにレバレッジが高くなってくれば、元金に対する損失率も大きくなってくる訳です。逆に利益率も高まりますので、ハイリスクハイリターンになる訳ですね。初心者の内は、やはりレバレッジが低い取引を行うのが無難かと思います。

FXトレードを副業で行うためのツール

皆さんはFXトレードをやってみたいと思われたことはありますか?やってみたいけど忙しいからできないとあきらめておられませんか?
最近は書店へ行ってもFXトレードに関する書籍が多くなりました。それだけ関心を持っている人が多いためでしょう。皆さんよくご存じの通り、FXトレードは通貨を直接売ったり買ったりする取引をします。従って当然相場の値動きに逐一注意を払っておかなければならいということになります。トレンドをちょっと見落としてしまったがために大きな損失を生み出してしまうということも珍しくはありません。そういう意味ではチャートの動きをしっかり頭に入れて分析できるようにならなければ取引はできないと思われがちです。
でもそうすると、ふだん仕事を持っている人の場合、FX取引はできないことになってしまいます。会社員が仕事中にFXトレードなんてやっているところが見つかったら、下手をすればクビになってしまうかも知れませんよね。
でもご安心下さい。本業をもっておられる方でもちゃんとFXトレードはできるようになっているのです。それは自動売買という方法です。一般に投資家の自己判断でFXトレードが行われていると思われがちですが実際には必ずしもそうではありません。プログラミングされたコンピュータが、機械的に取引を人間に代わって行ってくれるのです。例えば数百種類もの取引方法の中から、投資家がどれかを選択し、それをコンピュータにインプットします。それに従って、パソコンが自動的にレートを確認しながら外貨を売買してくれるのです。
ですからそのためのソフトウェアをパソコンにインストールするだけであとはパソコンに任せておけばよいのです。
このやり方であれば、本業の仕事をお持ちの方や、学業に忙しい学生さんでも副業としてFXトレードを行えるのです。
こうした背景から、FXトレードを始める人が近年非常に増加しているのです。副業として行えるというのはとてもありがたいですよね。