FXの会社による様々なメールのシステム

FXの会社は、メールを有効活用している一面があります。あのメールは本当に便利ですね。

例えば指値を用いた注文に関するメールです。サラリーマンの方々などは、その方法で注文をしている事がとても多いと思います。外出先ではリアルタイムな売買ができませんので、やはり会社に行く前に指値で注文をしている事が多いのではないでしょうか。実際、以前の私もよくそれを使っていました。

そして指値での注文を入れたとなると、それが約定しているかどうかはとても気になるのですね。外出先でも、約定の有無が気になって仕方がありません。

ところがFXの会社は、約定時にはメールを送信してくれるのです。いわゆる自動的なシステムでのメールだと思うのですが、それが届いた時にはちょっと安心できますね。

それと、この投資商品には損切りもあります。現在の自分の資産がある水準を下回った時には、強制的な損切りが発生する事になるのですね。それは口座を保有している側としては、とても気になる問題です。

そして金融会社は、強制的な損切りが発動された時にもメールを送ってくれます。ただ厳密に言えば、それは2段階になります。まず「そろそろ黄色信号」の段階で、1段階目のメールを送ってくれます。いわゆるマージンコールという表現が用いられる事が多いですね。そして2段階目のメールは、その強制的な損切りの確定した時です。

マージンコールは、なかなか助かると思います。強制的な損切りが発生すると資金が大きく減ってしまいますが、追加の入金をしておけばどうにか回避できる事も多いからです。もしくはマージンコールが発生した時に、その場で損切りをするのも悪くありませんね。

そうかと思えば、経済ニュースに関するメールもあります。何かニュースが発表されたタイミングでは外貨の価格は大きく動くものですが、それが発表される少し前にメールを送信してくれるのはとても助かりますね。

このようにFXの会社は、「メールによって利用者をサポートしてくれる」のが特徴的です。