指値のタイミングには要注意

指値は、FXでは大事な注文方法の1つだと思います。指定した為替レートに到達した時点で注文をしてくれるので、お忙しい方にはとても便利ですね。昼間にお仕事で忙しいサラリーマンにとっては、FXの指値は必要不可欠な存在だと思います。実際私も、今なお指値で積極的にトレードを行っているのですが。

ところで指値を利用する時には、タイミングが大事だと思います。成り行きの注文でもタイミングは大事ですが、指値の場合はさらに大事だと思うのです。その理由は、相場の急変動に伴う意図しないレートでの約定です。

例えばある時に買い注文をしたいと思ったとします。希望レートは、70.5円ちょうどだとしましょう。そして指値のレート入力欄に、70.5と入力したとします。

何時間か経過して、約定通知のメールがFXの業者から届きました。そのレートを見たら、70.8円などで約定されている場合があるのです。

この場合は、買いの注文を行いたい訳です。希望レートよりも0.3円も高い価格で約定されているとなると、困りものですね。

しかしこのような事例は、本当に起こり得ます。誇張でも何でもなく、0.3円ほど高く買わされてしまう事はあり得るのです。

なぜかと言うと、値動きが激しすぎるからです。あまりにも値動きが激しすぎると、上記のように希望レートと大幅にずれてしまう場合があります。

FXの業者のホームページを見ると、相場の急変動に関する注意書きが記載されている事がよく有ります。値動きが激しい時には色々と気をつけて下さいという意味の注意書きなのですが、それは上記のような例を含めてのものです。

上記のように0.3円ものズレが発生する可能性が高いのは、アメリカの雇用統計が発表されるタイミングです。現に私は雇用統計のタイミングで指値を仕掛けていて、上記のように大幅なズレを経験した事があります。

ですので指値を仕掛ける時には、雇用統計のタイミングは外すべきです。雇用統計の前に指値を仕掛けるのではなく、雇用統計の発表「後に」仕掛ける方が良いと思います。タイミングには気をつけたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>