追証による郵便物は届かないFX

最近、近所に住んでいる方がある金融商品で大きな損失が発生したそうです。聞いた話では、その方の郵便受けが色々と大変な事になっているようです。その方が口座を持っている金融会社から、郵便物が届いているようなのです。
恐らくその郵便物は、追証の通知だと思います。聞いた話ですが、その方は100万円の損失が発生したようです。恐らくその方は、元本は数十万円だったのでしょう。
具体的に元本が何円なのかは不明ですが、仮にそれを30万円だとします。30万円の資産があるのに100万円の損失が発生するとなると、差し引き70万円ですね。つまり口座の残高は、マイナス70万円という事になります。
このような時には何が必要かというと、70万円を入金しなければなりません。これが追証です。
ところで近所の方の郵便受けに対する郵送物は、果たしてどの金融会社から届いているのでしょうか。FXの会社から、そのような少し怖い物が届いているのでしょうか。
FXではありません。先物取引なのだそうです。先物取引の会社というのは、このように郵便物で督促をするケースがある訳ですね。ちなみに今なおその郵便物は届いているので、恐らく近所の方は追証を解消するのに色々と苦戦している状況だと思います。
ところでFXでは、そのような郵便物は届きません。なぜならFXの場合は、ロスカットが発動されるからです。
上記の例で申し上げると、そもそも30万円の資産がある程度目減りした段階でロスカットが発生します。もしもロスカットのパーセンテージが30%ならば、残金が9万円の段階で強制的に損切りされます。敢えて強制損切りを発動させることで、顧客に借金70万円が発生させない仕組みになっている訳です。
ただごくまれに追証が発生するケースはあるそうなのですが、件数は極めて少ないそうです。それを考えると、FXは先物取引よりは安全度が高い一面がありますね。
しかしFXにもリスクがある事には変わりはありません。財産が大きく目減りする可能性はありますので、そうなる前に早めに損切りをするのは大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>