senpai のすべての投稿

指値のタイミングには要注意

指値は、FXでは大事な注文方法の1つだと思います。指定した為替レートに到達した時点で注文をしてくれるので、お忙しい方にはとても便利ですね。昼間にお仕事で忙しいサラリーマンにとっては、FXの指値は必要不可欠な存在だと思います。実際私も、今なお指値で積極的にトレードを行っているのですが。

ところで指値を利用する時には、タイミングが大事だと思います。成り行きの注文でもタイミングは大事ですが、指値の場合はさらに大事だと思うのです。その理由は、相場の急変動に伴う意図しないレートでの約定です。

例えばある時に買い注文をしたいと思ったとします。希望レートは、70.5円ちょうどだとしましょう。そして指値のレート入力欄に、70.5と入力したとします。

何時間か経過して、約定通知のメールがFXの業者から届きました。そのレートを見たら、70.8円などで約定されている場合があるのです。

この場合は、買いの注文を行いたい訳です。希望レートよりも0.3円も高い価格で約定されているとなると、困りものですね。

しかしこのような事例は、本当に起こり得ます。誇張でも何でもなく、0.3円ほど高く買わされてしまう事はあり得るのです。

なぜかと言うと、値動きが激しすぎるからです。あまりにも値動きが激しすぎると、上記のように希望レートと大幅にずれてしまう場合があります。

FXの業者のホームページを見ると、相場の急変動に関する注意書きが記載されている事がよく有ります。値動きが激しい時には色々と気をつけて下さいという意味の注意書きなのですが、それは上記のような例を含めてのものです。

上記のように0.3円ものズレが発生する可能性が高いのは、アメリカの雇用統計が発表されるタイミングです。現に私は雇用統計のタイミングで指値を仕掛けていて、上記のように大幅なズレを経験した事があります。

ですので指値を仕掛ける時には、雇用統計のタイミングは外すべきです。雇用統計の前に指値を仕掛けるのではなく、雇用統計の発表「後に」仕掛ける方が良いと思います。タイミングには気をつけたいものですね。

通貨ペアに気を付けよう

FXトレードとは、投資家が外貨を直接売ったり買ったりする取引のことです。ですからどの国の通貨でどの国の通貨を買うとか売るとかいう取引を行います。そのため、異国間通貨のペアを決める必要があります。これを通貨ペアといいます。ここで基本として覚えておいていただきたいのは、金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買うと利益が発生します。

では金利の高い国、低い国というのはたとえばどんな国なのでしょうか?金利の低い国はたとえば日本やアメリカです。それに対して高い国というのはオーストラリアドルもそうですが、それ以上に注目されているのは、南アフリカランドという通貨です。これは非常に高金利で魅力的亞通貨です。しかし高金利であることには理由があるということを忘れないでいただきたいと思います。南アフリカランドのような新興国の通貨は、通称エマージング通貨と呼ばれます。これら新興国というのは、国内の経済情勢や政治などが不安定で治安も決してよくない国が多いのです。そのため通貨もこうした事情に左右されることが多くとても不安定なのです。ですからレートが高いときもあれば急激に下落することもあります。

それだけに短期的に大きな利益を上げるにはいい面もありますが、FXトレードの初心者にはあまりおすすめはできません。1つ間違えば大きな損失を出してしまう恐れも十分にあるのです。

こうしたリスクを承知の上で通貨ペアとして組み込むのであれば、十分な知識と情報を得て、慎重にトレードを行うようにして下さい。危険であるとはいえ、大きなリターンを期待できることには変わりありませんから、上手に取引すれば、かなりの利益を上げることも可能ではあるでしょう。

高金利でおすすめするなら、せいぜいオーストラリアドルかニュージーランドドルでしょう。これらの国であれば、治安も比較的安定しているので安心して購入できるでしょう。

このようにFXトレードを行う場合は、通貨ペアに注意をしなければなりません。

CFD株とFXのレバレッジの比較

金融商品の中には、レバレッジが採用されているものがいくつかあります。FXにも、もちろんレバレッジがありますね。現行の日本のルールでは、そのレバレッジは最大25倍となっている状況なのですが。
ところで金融商品の中には、FX以外にもレバレッジを採用しているものがあります。その1つは、CFD株です。ネット完結型で取引ができる、海外の株式投資といったところでしょうか。非常に多彩な銘柄を取り扱えるのが特徴です。
CFD株の場合は、FXの最大レバレッジとは少し異なっているのが現状です。なぜならFXに比べると、レバレッジが各会社によってバラバラだからです。
例えばある会社の場合は最大レバレッジを50倍と設定しています。ところが別のCFDの商品の場合、最大レバレッジは10倍といった具合です。各会社によって、レバレッジの高低はかなり差があるのですね。
FXの場合は、そうでもありません。大抵の会社は、最大レバレッジを25倍と設定している状況だからです。したがってCFD株の方が、FXに比べるとレバレッジにばらつきがあると言えます。
ちなみに現行のCFD株という商品の場合は、そのレバレッジの平均値は20倍程度です。FXの場合は平均25倍ですので、CFDの方が若干リスクは低めかなと思います。
ただしFXの中でも、「海外」のFXの場合はまた話は別です。上記で申した25倍というルールは、あくまでも日本国内のFXの業者のみに適用できるものだからです。海外の業者に対しては25倍というルールを適用できない訳です。
中にはレバレッジ900倍を超える国もありますね。しかし現状のCFD株の場合は、さすがにレバレッジが900倍になっているような所はありません。どれだけ高くても、レバレッジは100倍となっているのが現状です。
そのためCFD株とFXという2つの商品を比較した場合、海外FX、国内FX、CFD株という順番でレバレッジが高くなっていると言えます。CFD株に比べれば、FXの方が若干ハイリスクハイリターンな商品なのかなと思います。

なぜハイレバレッジはハイリスクか

FXには、レバレッジというシステムがあります。そしてレバレッジは、リスクと大きな関係があるものです。
FXの情報サイトなどを見ますと、「高レバレッジはリスクが高まる」などと強調されている場合があります。情報サイトだけでなくFXの業者のホームページなどでも、高いレバレッジはハイリスクハイリターンと強調されているケースもあるのですが。
ではなぜ高いレバレッジは高いリスクにつながるかと言うと、それは元金に対する損失率が一因です。
例えば米ドルの為替レートが、1ドル50円だとしましょう。そのタイミングにて、1万ドルの買い注文をするとします。
その場合、本来必要な元手は50万円になるはずです。ところで50万円になるのは、あくまでもレバレッジ1倍の時です。レバレッジが高まりますと、少ない元手で多くの金額の動かす事ができるのです。
例えばレバレッジが2倍ですと、両替の為に必要な元手は50%です。本来必要な金額の2分の1で両替ができるからです。また4倍の場合は、25%です。そのためレバレッジ2倍で1万ドル分の取引をする為には、25万円が必要になりますね。またレバレッジ4倍の場合には、12万5000円が必要になってきます。
このようにレバレッジが高くなると、必要な元手が少な目になる訳です。そしてそれは、損失金額にも関係してきます。
上記の例では為替レートが50円のタイミングで買い注文をしているのですから、もしもレートが49円になれば1万円の損失が発生します。
ところでレバレッジ1倍の時は、取引に必要な金額は50万円です。そして損失金額は1万円なのですから、損失率は2%という事になります。それに対してレバレッジ2倍の場合は、損失率は4%になってきますね。
このようにレバレッジが高くなってくれば、元金に対する損失率も大きくなってくる訳です。逆に利益率も高まりますので、ハイリスクハイリターンになる訳ですね。初心者の内は、やはりレバレッジが低い取引を行うのが無難かと思います。

FXトレードを副業で行うためのツール

皆さんはFXトレードをやってみたいと思われたことはありますか?やってみたいけど忙しいからできないとあきらめておられませんか?
最近は書店へ行ってもFXトレードに関する書籍が多くなりました。それだけ関心を持っている人が多いためでしょう。皆さんよくご存じの通り、FXトレードは通貨を直接売ったり買ったりする取引をします。従って当然相場の値動きに逐一注意を払っておかなければならいということになります。トレンドをちょっと見落としてしまったがために大きな損失を生み出してしまうということも珍しくはありません。そういう意味ではチャートの動きをしっかり頭に入れて分析できるようにならなければ取引はできないと思われがちです。
でもそうすると、ふだん仕事を持っている人の場合、FX取引はできないことになってしまいます。会社員が仕事中にFXトレードなんてやっているところが見つかったら、下手をすればクビになってしまうかも知れませんよね。
でもご安心下さい。本業をもっておられる方でもちゃんとFXトレードはできるようになっているのです。それは自動売買という方法です。一般に投資家の自己判断でFXトレードが行われていると思われがちですが実際には必ずしもそうではありません。プログラミングされたコンピュータが、機械的に取引を人間に代わって行ってくれるのです。例えば数百種類もの取引方法の中から、投資家がどれかを選択し、それをコンピュータにインプットします。それに従って、パソコンが自動的にレートを確認しながら外貨を売買してくれるのです。
ですからそのためのソフトウェアをパソコンにインストールするだけであとはパソコンに任せておけばよいのです。
このやり方であれば、本業の仕事をお持ちの方や、学業に忙しい学生さんでも副業としてFXトレードを行えるのです。
こうした背景から、FXトレードを始める人が近年非常に増加しているのです。副業として行えるというのはとてもありがたいですよね。

なぜFXの業者は頻繁にメンテナンスをするか

FXの業者は、頻繁にメンテナンスを行っているものだと思います。
メンテナンスは、基本的には毎日行われています。毎日の朝7時頃になりますと、為替レートのチカチカとした点滅はストップしますね。そのタイミングでは、成行注文などもできません。そしてスワップポイントが付与される事になるのですが、その時にはメンテナンスが行われているのです。
何も毎朝だけでなく、土日でもメンテナンスを行っています。土日になれば、当然チカチカ点滅はストップします。あの時にも、やはりメンテナンスが行われているそうなのです。
そうかと思えば、緊急でメンテナンスが行われるケースもあります。平日のお昼頃などはあまりメンテナンスを行いませんが、あえて特別にメンテナンスを行うケースもあります。とにかくFXの業者は、メンテナンスを行っている事が非常に多いと思います。
では、なぜそれだけ頻繁にメンテナンスを行っているのでしょうか。
恐らく、万が一の事態を防ぐためだと思います。例えばFXの注文では、しばしばスピードが重視されます。経済指標が発表されるタイミングなどでは、スピードは本当に大事だと思いますね。
特にアメリカの雇用統計が発表された時は、スピードは生命線です。わずか数秒で為替レートが大きく動きますので、反射神経が要求されるものです。
経済指標が発表されたタイミングで、注文ボタンをクリックしたとしましょう。その時に画面のフリーズが発生すると、せっかくの取引チャンスを逃す事になってしまいます。それだけは何としても防ぎたいものですね。
それとFXでは、為替レートが非常に大事です。その為替レートの動きが突然ストップしてしまうような事態は絶対に避けたいものですね。もっとも、そのような事例はあまり聞きませんが。
そのようなフリーズやストップなどが発生するかどうかなどは、やはりメンテナンスが重要だと思います。万が一にもトラブルが発生する事がないように、FXの業者というのは頻繁にシステムの稼働を確認している訳です。

FXを始めてから変わった普段の生活に対する考え方

このまえ、FXでレバレッジを限界までかけて取引をしたことがありました。
海外のFX会社ならば100倍以上のレバレッジをかけることもできますから自信があったそうで勝負を賭けたことがありました。
こういった取引法は初心者向けではありませんがチマチマと稼ぐよりもたまにはこういった取引法を用いて利益をかさ上げすることがあります。
実際に予想通りに相場動いて予定通りの利益が出ましたが、もちろんレバレッジが高くなれば損失も大きくなることも理解した上でのこの行動です。

学生の頃に興味本位でFXを始めてから5年以上たちました。
始めの頃は勉強代と思っても納得がいかないくらいの損失を出しましたが、最近はその勉強代のおかげで利益も安定してきました。
専業で生きているわけではありませんが、仕事の合間や夜を中心に取引をしている副業のつもりでFXをやっているものです。

FXというものは素人には扱えないと言っている人がいますが、おそらくこの先FXをし続けても私は素人のままです。
というのも私がバカだからというのはありますが、それ以上に知らなければならないものが多すぎるからです。
FXに必要な知識は10年以上やり続けても多分完全に会得することは出来ません。
それくらい奥が深いものですからFXという世界で「プロや素人」という言葉は無意味です。

それでも素人よりはましになることくらいは出来ます。
勉強し続けることが大事ですが、リスクに対する考え方をきちんと学ぶことです。
リスクはどのようなものにもあります。
FXの世界では損失と言った風に金銭的なものとなりますが、普段生活していても例えば電車が遅れる、パソコンが停止する、寝坊するなどもリスクの一つです。

普段生活している中にある様々なリスクを分散するためにどうすれば良いのか、そもそも普段生活している中でリスクについて真剣に考えている人など少ないように感じますから、FXをすることでそういった普段の生活の中にあるリスクについて考えるようになり、そのことが結果的には冷静な取引をできるようにしてくれているのだと感じるようになりました。

FXをしていると

FXをしていると、世界経済について詳しくなります。また、金融や国際政治についても詳しくなります。国内カレンダーや国際カレンダーを見て、指標発表や中央銀行のレポートや講和内容を気にするようになるからです。また、必然的に夜行性になります。オセアニア時間や日本時間は、あまり値動きがないですからね。

スキャルピングやデイトレをしている人ほど上記の傾向が強くなります。逆に、外貨預金間隔の塩漬けだと、高金利通貨を買って放置ですから、全く該当しないでしょう。人によってやり方は様々です。私は、スイングがメインであり、ある一定の利益が出たのなら、デイトレでポジション解消します。だから、外貨ショートより外貨ロングが、圧倒的に多いです。やっぱり、スワップは、魅力的ですからね。仮に想定と逆方向に動いたとしても、スワップでカバーできます。FXは、日本のように低金利が続く国にとっては、非常に魅力的な金融商品に思います。

FXをしていると、土日になると解放された気分になります。月曜朝から土曜の朝までずっと24時間休みなく動き続ける相場は、気を休める暇がありません。特に、VIX指数が高い不安定な時期だと、急落相場も起こりえますので、レバレッジを高めにしていると、強制ロスカットに怯えなければいけません。追加証拠金を入れる必要や一部のポジションを解除したりと何かと忙しいです。値動きが荒くなると、スキャルピングもやりやすくなり、数分で10BPぐらい稼げちゃいます。それで上手く反転ポジションを決めれば、更に10BP稼げます。これって上手くいくと、自分で才能あるなとうぬぼれちゃいます。パチンコのフィーバ同様、病み付きになりやすいです。

グローバル化と言われますが、まさにFXは、そのような特徴を持つ金融商品です。安いものを買い、高いものを売るというのは、為替だけでなく、実体経済でも同様の事が起こっています。税金、労働賃金、電気料金が安い国を企業が選ぶ時代です。FXをしていると、円安で喜ぶのがよい事なのかと思わずにはいられません。勿論、ドル80円前後は、さすがに円高だと思いますが、100円を越えると円安に思えてきます。

FXの口座開設の流れについて

FXとは外国為替証拠金取引というもので、証拠金を担保としてレバレッジを利かせて円で外国通貨を買ったり、その反対に外国通貨で円を買い戻したりする取引です。取引によって生じた為替差益を投資の利益とするもので、ハイアンドローという簡単な原理での取引である事、レバレッジを利かせる事で少額投資でも取引が出来る事、また外国通貨を買って保有を続ける事により、スワップポイントという金利を毎日受け取る事が出来るので日本で預金をするよりも遥かに大きな利息が貰える事など、魅力が沢山ある取引であると言えます。

そんなFX取引を行うには、まずFX会社で口座の開設をする必要があります。その方法はとても簡単で、まずインターネットからそれぞれのFX会社の口座開設申し込みフォームに必要な事柄を入力します。そして出来る事ならば本人確認書類として、運転免許証などの身分証明書のコピーをメール等で貼付をして送付すると、手続きが早く進みます。

申込み後にFX会社では一定の審査が行われます。場合によっては取引を断られる事もあるようですが、大抵の場合は難なく審査通過となっているようです。審査が無事に済むと程無くしてFX会社から口座開設の案内が洋装されて来ます。郵便物の中身とはインターネットの取引画面にログインをする為の、IDやパスワードが記された用紙の他にも、手続きの方法を詳しく記した紙や、取引ツールの使用の方法など取引を直ぐにでも始められるように、冊子となっている親切丁寧に解説された説明書が同封されています。この郵便物は多くは簡易書留等で郵送される事が多いので、普段留守にされているご家庭では不在票等のチェックが必要となります。

インターネットでログインが出来るようになったら、取引に必要な証拠金をFX専用の口座に振り込む必要があります。各FX会社では必要最低限の入金額が決められているので、それに従い入金をする必要があります。現在国内で採用されているレバレッジは25倍なので、米ドルで1万通貨の取引をする為には4万円から5万円程の資金が必要となります。入金はクイック入金等を利用するとリアルタイムで口座に資金を入金する事が出来るので、その時点から取引が可能となります。

このような流れで実際に取引が出来るようになります。シミュレーションサービスのあるFX会社を選択された場合は、まずここで練習をしてから実際の取引に望まれる事が好ましいと言えます。