タグ別アーカイブ: レバレッジ

CFD株とFXのレバレッジの比較

金融商品の中には、レバレッジが採用されているものがいくつかあります。FXにも、もちろんレバレッジがありますね。現行の日本のルールでは、そのレバレッジは最大25倍となっている状況なのですが。
ところで金融商品の中には、FX以外にもレバレッジを採用しているものがあります。その1つは、CFD株です。ネット完結型で取引ができる、海外の株式投資といったところでしょうか。非常に多彩な銘柄を取り扱えるのが特徴です。
CFD株の場合は、FXの最大レバレッジとは少し異なっているのが現状です。なぜならFXに比べると、レバレッジが各会社によってバラバラだからです。
例えばある会社の場合は最大レバレッジを50倍と設定しています。ところが別のCFDの商品の場合、最大レバレッジは10倍といった具合です。各会社によって、レバレッジの高低はかなり差があるのですね。
FXの場合は、そうでもありません。大抵の会社は、最大レバレッジを25倍と設定している状況だからです。したがってCFD株の方が、FXに比べるとレバレッジにばらつきがあると言えます。
ちなみに現行のCFD株という商品の場合は、そのレバレッジの平均値は20倍程度です。FXの場合は平均25倍ですので、CFDの方が若干リスクは低めかなと思います。
ただしFXの中でも、「海外」のFXの場合はまた話は別です。上記で申した25倍というルールは、あくまでも日本国内のFXの業者のみに適用できるものだからです。海外の業者に対しては25倍というルールを適用できない訳です。
中にはレバレッジ900倍を超える国もありますね。しかし現状のCFD株の場合は、さすがにレバレッジが900倍になっているような所はありません。どれだけ高くても、レバレッジは100倍となっているのが現状です。
そのためCFD株とFXという2つの商品を比較した場合、海外FX、国内FX、CFD株という順番でレバレッジが高くなっていると言えます。CFD株に比べれば、FXの方が若干ハイリスクハイリターンな商品なのかなと思います。