タグ別アーカイブ: FXのリスク

FXのリスクとは?

FXは今や誰でも気軽に始められる金融商品として人気になっています、中には多くの利益を得ている人もいます、とはいってもやはり初心者ではそんなに利益を出し続けることは難しいのも現実です、ですからまずはFXを始める前にやっておかなければならないことはリスクについての勉強でしょう、基本的に投資や取引にはリスクがつきものです、リスクのない投資や取引などは存在しないといってもいいでしょう、FXにもそれなりのリスクは伴うんです。
FXには元本保証もなければ長期運用による約定利息もありません、その代わり少額で非常に大きい金額の取引ができるレバレッジという制度が使えます、証拠金の数倍~数十倍の取引ができるのがFXの魅力です、その分利益も大きくなりますが、損失も巨額になるというわけです。
とはいってもそういったリスク要因を知っておくだけで違います、的確な対処方法を知り、損失を最小限に食い止めることができれば安心してFX取引ができるというものです。
FXのリスクは大きく分けて為替相場の変動によるリスクと金利の変動によるリスク、そして流動性にリスク、システム障害などによるリスクなどがあります、為替相場は短期間のうちに激しく値動きしますので、予想に反して大きく変動する場合など日常茶飯事です、レバレッジを25倍などに設定しているケースでは1円の値動きでも数万~数十万の損失につながります、次に金利の変動によるものですが、これはこれはスワップポイントによる金利差による利益を得るものですが、FXの場合はこうした為替相場や各国の金利政策が予想と全く逆に動いた場合はレバレッジを高くしているほど損失が多いためリスクが高くなります。
流動性のリスクは買いたいのに買えない、売りたいのに売れないといった取引相手が居なくて円滑にトレードできないような状況になってしまうことです、これはメジャーな通過ならほとんど心配はありませんがマイナーな通過の場合は危険性が高まります。
さらにFXではインターネットを使って取引するのが普通のため、システム障害などによって取引できなくなるようなケースも考えられます。
以上のようなリスクがありえることをきちんと把握した状態でFXを始めればいざという時でも適切に対処できるようにしておきましょう。